北海道立総合研究機構研究職員データベース

田中 常喜 ( たなか つねき )
所属農業研究本部畜産試験場基盤研究部飼料環境グループ 
役職研究主任
資格博士(環境科学)
研究分野植物育種/畜産草地
キーワード飼料評価/近赤外分析/飼料作物/チモシー/育種方法
所属学会日本草地学会/北海道畜産草地学会/日本畜産学会
自己PR飼料の栄養評価に関する研究を中心に行っています。
北海道の基幹イネ科牧草であるチモシーの品種改良を行っていました。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募型研究ルーメン内繊維消化ダイナミクスに着目した採食可能量の予測モデルの開発2019
経常研究バンカーサイロ多層詰め技術の道内における実用化20192021
一般共同研究道内粗飼料分析における近赤外分析用統一検量線の分析精度管理20172019
受託研究サイレージの繊維およびでんぷんのルーメン内消化率推定方法の開発20162019
経常研究牧草サイレージの繊維消化性を指標とした泌乳牛の乾物摂取量の向上技術の開発20202022

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本畜産学会第125回大会飼養環境の異なるフィステル装着牛のルーメン液による粗飼料のin vitro NDF消化率の比較中川宥樹・田中常喜・藤澤優子・渡邊龍之介・出口健三郎・篠原禎忠日本畜産学会神奈川県相模原市2019
2017年度日本草地学会弘前大会BLUP法アニマルモデルのチモシー育種への適用の試み田中常喜・田村健一・足利和紀・藤井弘毅日本草地学会青森県2017
EUCARPIA Joint Meeting 2017Paternity test for forage yield improvement in timothy polycross breedingTanaka T. Tamura K. Ashikaga K. Fujii H. & Yamada T.EUCARPIAVilnius, Lithuania2017
日本育種学会第129回講演会バレイショ育種におけるBLUP法アニマルモデルの適用 1.最適なモデルの構築田中常喜・藤田涼平・鹿島聖志・大波正寿日本育種学会神奈川県2016
2015年度日本草地学会信州大会SSRマーカーによるチモシー多交配後代の花粉親の推定田中常喜・田村健一・足利和紀・藤井弘毅・山田敏彦日本草地学会長野県2015

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Paternity test for forage yield improvement in timothy polycross breedingTanaka T. Tamura K. Ashikaga K. Fujii H. & Yamada TBreeding Grasses and Protein Crops in the Era of Genomics1251302018
チモシー新品種「なつぴりか」の育成足利和紀・藤井弘毅・田中常喜・吉澤晃・佐藤公一・玉置宏之北海道立総合研究機構農業試験場集報1001142016
Use of genetic diversity on DNA markers to increase forage yield in timothy (Phleum pratense L.)田中常喜北海道立総合研究機構農業試験場報告1411572015
Use of SSR markers to increase forage yield in timothy (Phleum pratense L.)Tanaka T. Tamaki H. Ashikaga K. Fujii H. Tamura K. & Yamada TMolecular Breeding of Forage and Turf1311422015
チモシー新品種「なつちから」の育成足利和紀・藤井弘毅・田中常喜・玉置宏之・佐藤公一・吉澤晃・鳥越昌隆・下小路英男・岩渕慶・澤田嘉昭・大塚博志・嶋田徹北海道立総合研究機構農業試験場集報961142012

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Marker-based paternity test in polycross breeding of timothyTanaka T. Tamura K. Ashikaga K. Fujii H. & Yamada T.Crop Science5812732842018
Use of molecular marker diversity to increase forage yield in timothy (Phleum pratense L.)Tanaka T. Tamaki H. Ashikaga K. Fujii H. & Yamada T.Plant Breeding13221441482013
Evaluation of forage yield performance in advanced generations of a timothy clone and strain synthesis strainTanaka T. Tamaki H. Ashikaga K. Fujii H. Sato K. Iwabuchi K. & Adachi M.Grassland Science5942212252013
DNA profiling of seed parents and a topcross tester and its application for yield improvement in timothy (Phleum pratense L.)Tanaka T. Tamaki H. Cai H. Ashikaga K. Fujii H. & Yamada T.Crop Science5166126202011
Proposal for shift to reciprocal recurrent selections in “clone and strain synthesis” timothy breeding using molecular marker diversityTanaka T. Tamaki H. Ashikaga K. Fujii H. & Yamada T.Crop Science512258925962011

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
フォレージテストミーティングへの技術支援

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
育成者権Phleum pratense L. 「なつぴりか」種苗登録番号26991
育成者権Phleum pratense L. 「なつちから」種苗登録番号25041
育成者権Hordeum L. 「北育41号」種苗登録番号20814

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
2015年度日本草地学会研究奨励賞チモシーにおける収量性改良のためのDNA多型の利用2015

連絡先
郵便番号081-0038
住所上川郡新得町字新得西5線39番地1
TEL
FAX0156-64-6151
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.