北海道立総合研究機構研究職員データベース

笛木 伸彦 ( ふえき のぶひこ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産環境グループ 
役職主査
資格博士(農学)/英検準1級
研究分野土壌肥料学/作物栄養学/栽培学/環境学
キーワード土壌肥料/土づくり/施肥管理/窒素/畑作物
所属学会日本土壌肥料学会/日本土壌物理学会/日本ペドロジー学会
自己PR現場の問題を研究テーマにし、速やかな解決につなげる仕事を最重要視しています。特に土づくりや施肥管理・有機物管理に関しては、現場との連携プレイを得意としています。現場・地域と一緒にやった研究成果を学術論文にすることをモットーとしています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
受託研究オホーツク重粘土壌地帯における飼料用とうもろこしの安定生産技術の確立H24H26
一般共同研究被覆肥料入りBB肥料を用いた直播てんさいの窒素施肥法の改良H23H25
受託研究道東主要産地における春まき小麦の栽培技術高度化H22H24
重点研究リン酸施肥削減のための有機物中リン酸評価法及び局所施肥法の開発H22H24
公募型(委託プロ)GISを活用した営農改善システムの開発H19H23

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第56回シンポジウム 施肥診断の実践と新技術畑作における土壌診断・施肥研究の新たな展開笛木 伸彦北海道土壌肥料懇話会札幌(北大農学部)2009
Education for Sustainable Development (ESD) on Agriculture and Livestock Production and Global Envirinmental IssuesPrediction of nitrogen uptake of sugar beet by scoring organic matter and nitrogen management (N-score)Nobuhiko FuekiObihiro Asia and the Pacific Seminar on Education for Rural Development (OASERD)Obihiro University2009
16th International Poster Day and Institute of Hydrology Open DayInfiltration and nitrogen leaching under organic and conventional soil managementNobuhiko Fueki・Jerzy Lipiec・Jan Ku・Urszula Kotowska・Artur NosalewiczInstitute of Hydrology SASBratislava、 Slovak Republic2008
Seminar at Institute of AgrophysicsStudies on effective soil and nutrient management for stable sugar beet productionNobuhiko FuekiInstitute of AgrophysicsLublin、 Poland2008
第57回シンポジウム 海外における農業研究から学ぶヨーロッパ有機農業研究事情笛木 伸彦北海道土壌肥料懇話会札幌(北大農学部)

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
てんさいへの塩化カリ施用が後作物(ばれいしょ・豆類)に及ぼす影響笛木 伸彦北海道農業試験会議(成績会議)成績概要書 URL:http://www.agri.hro.or.jp/center/kenkyuseika/gaiyosho/24/f2/22.pdf2012
道東地域における秋まき小麦「きたほなみ」の高品質安定栽培法笛木 伸彦北海道農業試験会議(成績会議)成績概要書 URL:http://www.agri.hro.or.jp/center/kenkyuseika/gaiyosho/23/f1/08.pdf2011
特定政策研究「安全・安心な水環境の次世代への継承-硝酸性窒素等による地下水汚染の防止・改善-」成果集 Ⅳ補遺 4.硝酸汚染軽減対策の現地実証 2)道東地域の畑輪作における窒素投入量の適正化による汚染軽減対策笛木 伸彦・竹内晴信北海道立農業試験場資料第38号1031062009
テンサイの安定生産に向けた肥培管理法に関する研究笛木 伸彦北海道立農業試験場報告第120号1952008
育苗箱施肥を利用した水稲の減化学肥栽培笛木伸彦・今野一男・田中英彦北海道立農業試験場集報第79号51582000

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Difference in infiltration and macropore between organic and conventional soil managementNobuhiko Fueki・Jerzy Lipiec・Jan Ks・Urszula Kotowska・Artur NosalewiczSoil Science and Plant Nutrition5865692012
Prediction of nitrogen uptake by sugar beet (Beta vulgaris L.) by scoring organic matter and nitrogen management (N-score)、 in Hokkaido、 JapanNobuhiko Fueki・Koji Sato・Harunobu Takeuchi・Hitoshi Sato・Satoshi Nakatsu・Jun KatoSoil Science and Plant Nutrition574114202011
Difference in vertical root distribution of sugar beet (Beta vulgaris L.) and its relationship to soil properties in four typical soil profiles in Hokkaido、JapanNobuhiko Fueki・Harunobu TakeuchiSoil Science and Plant Nutrition567457492010
Interpretation of soil mineral nitrogen by scoring organic matter and nitrogen management as an 'N-score' in the fields of Hokkaido before sugar beet plantingNobuhiko Fueki・Koji Sato・Satoshi NakatsuSoil Science and Plant Nutrition567507592010
Effect of soil acidity and nitrification of fertilizer introduced by row application on sugar beet growth in several soil typesNobuhiko Fueki・Masayuki Tani・Shuji Higashida・Satoshi NakatsuSoil Science and Plant Nutrition503213292004

技術支援
支援内容対応年外部リンク
北海道土を考える会(事務局:スガノ農機)の土壌管理に関する技術支援(講演等)。
北海道てん菜協会への技術支援(資料作成等)。
苫東アグリラボ研究会への技術支援(講演等)。
オホーツク地区新畑作栽培手法推進協議会(事務局:金印株式会社)の畑作生産現場の経営改善(肥料コスト削減)に関する技術支援。
2003年~現在、JICA土壌診断・環境保全コースにて講義担当(英語による講義)。

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
特産種苗共著財団法人日本特産農作物種苗協会2011
北海道の作物管理共著北海道協同組合通信社・ニューカントリー編2011
北海道適施肥マニュアル共著北海道協同組合通信社・ニューカントリー編2010
北海道農業と土壌肥料2010 畑作物の栽培管理 テンサイ共著日本土壌肥料学会北海道支部編2010
北海道農業と土壌肥料2010 畑作物の栽培管理 バレイショ共著日本土壌肥料学会北海道支部編2010

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
日本土壌肥料学会技術奨励賞寒地畑作物に対する環境保全的かつ実践的な窒素施肥技術の開発2015

連絡先
郵便番号082-0081
住所河西郡芽室町新生南9線2番地
TEL0155-62-2431
FAX0155-62-0680
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.