北海道立総合研究機構研究職員データベース

栗林 貴範 ( くりばやし たかのり )
所属水産研究本部企画調整部 
役職主査
資格博士(環境科学)
研究分野化学海洋学/生物地球化学/沿岸海洋学/環境化学
キーワード物質循環・輸送・起源/環境変動・汚染/森・川・里・海、磯焼け/環境指標物質/気候変動・気象イベント
所属学会日本水産学会/日本海洋学会/生物地球化学研究会/札幌古環境研究会
自己PR気候変動や気象イベント、地球温暖化や環境汚染等の人間活動に伴う環境変化が漁場環境や水産資源に及ぼす影響について研究しています。環境変動(磯焼け、長期変遷、気象イベント、貧・富栄養化、貧酸素化、環境汚染等)や水質・底質(栄養塩、光合成色素、有機物、溶存酸素、安定同位体比等の環境指標物質とその分析方法)に関することは、ご相談に応じます。地域振興を目指した海洋環境と水産資源の利活用に関する研究にも関心があります。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
受託研究岩宇産天然マナマコの資源安定化を目指した有用な餌料特性の把握20172019
受託研究ニシン放流海域における海洋環境と餌料環境の把握20162019
経常研究ホソメコンブ群落の変動と遊走子供給機能に関する研究20152020
経常研究河川内水生動物と沿岸藻場に及ぼす河川構造物の影響評価に関する基礎研究20142017
経常研究藻場再生に関する調査研究20092014

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
2019年度日本水産学会秋季大会長期モニタリングにより明らかにされた発電所温排水放出抑制に伴う専用港内の海底環境とマクロベントス群集構造の変化栗林貴範・石田宏一・稲川 亮・三原行雄  日本水産学会福井県2019
2019年度日本水産学会春季大会炭素・窒素安定同位体比および体サイズの変化より推定するマナマコの成長に効果的な餌料特性の把握栗林貴範・石田宏一日本水産学会東京都2019
2014年度日本水産学会北海道支部大会磯焼け前のコンブがニシンの栄養で育っていた科学的根拠栗林貴範・阿部剛史・門谷 茂・赤池章一・浅見大樹日本水産学会函館市2014
2012年度北海道磯焼け対策連絡会議北海道日本海における栄養塩の現状とその対策栗林貴範北海道札幌市2013
2013年度日本水産工学会春季シンポジウム「北日本と極東ロシア水域のコンブ生産」栄養塩とコンブ藻場再生栗林貴範・西田芳則・赤池章一日本水産工学会札幌市2013

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道の栄華をかつて極めたニシンはコンブをも育てていた栗林貴範北海道大学プレスリリース162017
空白の100年を明らかに栗林貴範水産北海道627492012
小樽港周辺水域における表層堆積物中の有機物分布と起源について栗林貴範北海道地質研究所研究報告8441462012
藻場再生へのチャレンジ-栄養塩添加による再生試験-栗林貴範・赤池章一北水試だより8211122011
小樽の海の底質はどのようになっているか?-漁場環境保全推進事業調査の結果から-栗林貴範北水試だより7817192009

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Historical δ15N records of Saccharina specimens from oligotrophic waters of Japan Sea (Hokkaido)Takanori Kuribayashi, Tsuyoshi Abe, Shigeru MontaniPLOS ONE1271152017
A new indicator of δ15N signature for detecting nutrient supply effects to Saccharina japonica var. religiosaTakanori Kuribayashi, Shoichi Akaike, Shigeru MontaniAlgal Resources91192016
北海道日本海沿岸における栄養塩濃度の長期トレンドと海藻藻場栗林貴範・阿部剛史・門谷 茂沿岸海洋研究52175812014
ホソメコンブのδ15Nを指標とした藻場再生への施肥効果とウニ類密度管理の検証栗林貴範・赤池 章一水産工学51147542014
Spatial distribution of the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense in summer in the Okhotsk Sea off Hokkaido, JapanHiroshi Shimada・Mayumi Sawada・Takanori Kuribayashi・Akifumi Nakata・Akira Miyazono・Hiroki AsamiPlankton & Benthos Research511102010

技術支援
支援内容対応年外部リンク
日本水産学会水産環境保全委員会 委員2019-
日本水産学会水産環境保全委員会 幹事2017-
小樽商科大学 客員研究員2017-
泊村「群来祭」海藻押し葉作り 技術指導2015-
小樽商科大学 非常勤講師2011-

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
光合成色素と有機物同位体より推定するタイ沿岸域の有機物の特徴と藻類の多様性主著月刊海洋34海洋出版株式会社2002

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
日本水産学会北海道支部大会最優秀講演賞磯焼け前のコンブがニシンの栄養で育っていた科学的根拠2014
日本地球惑星科学連合最優秀ポスター賞古コンブ標本に残されたδ15Nの解読により得られたかつてのニシン産卵群による北海道沿岸への栄養輸送の可能性2013
日本プランクトン学会論文賞Spatial distribution of the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense in summer in the Okhotsk Sea off Hokkaido, Japan2011
全国水産試験場長会賞オホーツク海沿岸域における貝毒発生予測研究2011

連絡先
郵便番号046-8555
住所余市郡余市町浜中町238番地
TEL0135-23-7451
FAX0135-23-3141
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.