北海道立総合研究機構研究職員データベース

岩上 弦太郎 ( いわがみ げんたろう )
所属農業研究本部企画調整部企画課企画グループ 
役職主査
資格
研究分野畜産飼養/畜産繁殖
キーワード豚/養豚/飼養管理/繁殖/ハマナスW2
所属学会日本養豚学会/北海道養豚研究会/北海道畜産学会
自己PR養豚産業に関する諸問題の内、枝肉格付け成績の改善、子豚の発育改善、人工授精技術、系統豚ハマナスW2を用いた生産体系の検討など、を研究しています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募型研究(実用技術)新規凍結精液の人工授精技術H23H24
一般共同研究系統豚群の維持年限延長に向けた凍結精液の人工授精技術H22H24
一般共同研究ハマナスW2とデュロック系統豚を用いた交雑肉豚の飼養管理技術H22H24

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第95回日本養豚学会大会肥育開始時背脂肪厚および肥育期飼料摂取量が枝肉背脂肪厚に及ぼす影響岩上弦太郎・甲田洋子・梶野清二・小泉徹・宮島肇・高谷和宏日本養豚学会神奈川県2011
第38回豚の繁殖衛生セミナー授乳期のCP摂取量が初産および2産母豚の発情再帰日数と次産産子数に及ぼす影響岩上弦太郎・梶野清二・甲田洋子・小泉徹(独)動物衛生研究所茨城県2011
第103回日本繁殖生物学会大会Changes in the expression of genes involved in segregation and function of inner cell mass and trophectoderm lineages in porcine embryoSawai K. Fujii T. Osaki T. Iwagami G. Hirayama H. Hashizume T. Minamihashi A.日本繁殖生物学会青森県2010
北海道農業試験会議(成績会議)ハマナスW2を用いた系統交雑母豚に対する授乳期間の飼料給与技術岩上弦太郎・梶野清二・甲田洋子・山内和律・小泉徹・山本裕介・宮島肇北海道札幌市2010
北海道農業試験会議(成績会議)大ヨークシャー新系統豚「ハマナスW2」山内和律・岩上弦太郎・内藤学・梶野清二・小泉徹北海道札幌市2009

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
系統豚「ハマナスW2」岩上弦太郎月刊養豚界12月号892010
大ヨークシャーにおける肢蹄審査形質と産肉能力との関連山内和律・梶野清二・岩上弦太郎・内藤学・小泉徹北海道立畜産試験場研究報告268132007

技術支援
支援内容対応年外部リンク
系統豚ハマナスW2を用いた生産体系における生産技術指導(ホクレン主導の生産技術検討会における共同活動)
ブタの人工授精に係わる技術指導

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
北農賞豚大ヨークシャー「ハマナスW2」の育成2010

連絡先
郵便番号069-1395
住所夕張郡長沼町東6線北15号
TEL0123-89-2001
FAX0123-89-2060
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.