北海道立総合研究機構研究職員データベース

脇田 陽一 ( わきた よういち )
所属森林研究本部林業試験場森林環境部樹木利用グループ 
役職研究主幹
資格農学博士
研究分野植物細胞分子生物学/植物生理学
キーワード樹木/小果樹/遺伝子/組織培養/芳香成分
所属学会植物細胞分子生物学会/育種学会/北方森林学会
自己PR学生時代及び前職場では,植物の細胞融合,細胞培養に関する研究,及びイネやサツマイモ等の栽培植物における遺伝子導入等の分子生物学的研究に従事してきた。現在は,観賞価値や環境適応性等の商品性や機能性が高いなどの新たな価値を有する樹木・品種の選抜,及びバイテク技術を用いた樹木の増殖技術の開発に取り組んでいる。また,経済的な視点に立った,「木材として・・・」以外の樹木の新たな用途の開発に取り組んでいる。共同研究,依頼研究,相談等,お気軽にご連絡ください。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究道産桜における芳香成分等の新たな利用方法に関する研究H23H26
一般共同研究芳香成分を有する樹木の機能性評価及び効率的な苗木生産技術の開発H21H25

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第62回北海道植樹祭inおびひろ記念フォーラム森のめぐみで地域ブランドをつくる脇田陽一北海道植樹祭inおびひろ協賛事業実行委員会帯広市2011
第60回北方森林学会大会ヤチヤナギの増殖技術開発及びリラクゼーション効果の検証脇田陽一・佐藤孝弘・棚橋生子・石井弘之・佐藤孝夫北方森林学会札幌市2011
厚真町ハスカップフォーラムハスカップの魅力、再発見! ~その特徴とこれからの可能性~脇田陽一厚真町厚真町2010
ガーデンアイランド北海道ミーティング2010秋冬ガーデンをたのしむ ~樹木の“おいしい”利用法~脇田陽一NPO法人ガーデンアイランド北海道苫小牧市2010
第56回日本林学会北海道支部会RAPD法から見た北海道におけるクロミサンザシの地理的変異脇田陽一・八坂通泰・真坂一彦・山田健四・佐藤孝夫日本林学会北海道支部札幌市2008

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
最も寒いところに自生する桜!チシマザクラの新品種「国後陽紅」脇田陽一JATAFF Journal139402013
ヤチヤナギの香りでリラックス!?-ヤチヤナギの組織培養による増殖とリラクゼーション効果-脇田陽一・佐藤孝弘・棚橋生子光珠内季報167132013
木本性植物の香りのブランド化に関する研究妙田貴生・脇田陽一・佐藤孝弘平成21年度シーズ発掘試験(発掘型)研究成果報告書2010
Development of haskaop harvester, part 3: air drag coefficient of haskaop berries and leavesHarano, Y., M. Ojima, K. Araya, C. Teramoto, Y. Wakita, T. Nishino, K. Suzuki and R. NakataJ. Environmental Sci. Lab. Senshu Univ.5192010
Development of haskaop harvester, part 4: separation of haskaop berries and leavesHarano, Y., M. Ojima, K. Araya, C. Teramoto, Y. Wakita, T. Nishino, K. Suzuki and R. NakataJ. Environmental Sci. Lab. Senshu Univ.511172010

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Volatile components of essential oil from field grown plants via shoot tip culture of Myrica gale L. var. tomentosa C. and their anti-oxidation and microbial activityNakata M. Myoda T. Wakita Y. Sato T. Tanahashi I. Toeda K. Fujimori T. Nishizawa M.J. Oleo Sci.627557622013
Haskaop harvester, part 2: separation of haskaop berries and leavesKonno S. Araya K. Teramoto C. Wakita Y. Nishino T. Suzuki K. & Nakata R.Engineering in Agriculture, Environment and Food418212011
ヤチヤナギの増殖技術開発及びリラクゼーション効果の検証脇田陽一・佐藤孝弘・棚橋生子・石井弘之・佐藤孝夫北森研6085872011
Haskaop harvester: air drag coefficient of haskaop berry and leafKonno S. Araya K. Teramoto C. Wakita Y. Nishino T. Suzuki K. & Nakata R.Engineering in Agriculture, Environment and Food3238412010
RAPD法から見た北海道におけるクロミサンザシの地理的変異脇田陽一・八坂通泰・真坂一彦・山田健四・佐藤孝夫日本林学会北海道支部論文集561651672008

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
緑化樹の増殖に関する技術指導
樹木の新たな用途開発

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
ハスカップの魅力、再発見!脇田陽一農家の友112010
北海道のサクラ最前線脇田陽一北海道森林物語2005
低温耐性植物の開発を目指して脇田陽一学術月報532000

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
品種登録チシマザクラ「国後陽紅(くなしりようこう)」第17955号

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
優良ふるさと食品中央コンクール 食品産業センター会長賞旬の森の香りを活かした世界的競争力を有するチーズ製品の開発2014
全国林業試験研究機関協議会 研究功績賞樹木新品種作出及び効率的増殖技術開発に関する研究2013
北海道加工食品コンクール 北海道知事賞旬の森の香りを活かした世界的競争力を有するチーズ製品の開発2013

連絡先
郵便番号079-0198
住所美唄市光珠内町東山
TEL0126-63-4164
FAX0126-63-4166
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.