北海道立総合研究機構研究職員データベース

大澤 賢人 ( おおさわ まさと )
所属環境・地質研究本部地質研究所資源環境部沿岸地質グループ 
役職主査
資格
研究分野浮遊生物学/海洋化学
キーワード植物プランクトン/富栄養/閉鎖性水域/溶存酸素
所属学会日本海洋学会/日本プランクトン学会
自己PR
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究小樽港をモデルとした漂着物の流入と移動に関する研究H23H24
経常研究小樽運河環境改善に関する研究H21H23
経常研究海洋のモニタリング観測―「海の気象台」計画―(第Ⅱ期)H20H24
重点研究噴火湾における貧酸素水塊の形成・発達及び沿岸部への輸送メカニズム解明調査H19H21

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
科学技術週間セミナー小樽運河水環境の現状大澤 賢人・仁科 健二・檜垣 直幸・栗林 貴範北海道、独立行政法人科学技術振興機構、地方独立行政法人北海道立総合研究機構札幌2011
地質研究所調査研究報告会小樽運河環境の現状大澤 賢人・仁科 健二・檜垣 直幸・栗林 貴範地質研究所札幌2011
小樽商科大学「環境科学」小樽の海1、2大澤 賢人小樽商科大学小樽2011
地質研究所調査研究報告会噴火湾における水塊交替と貧酸素水塊の動態大澤 賢人・木戸 和男・奥村 裕弥地質研究所札幌2010
日本海洋学会噴火湾における底質の季節変化と突発的な底質の回復について奥村 裕弥・菅原 理恵子・木戸 和男・大澤 賢人・工藤 勲・磯田 豊日本海洋学会京都2009

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
新日本海フェリー「すいせん」を利用した海の長期観測大澤 賢人地質研究所ニュース274442012
簡易潮位計、お安く作れます大澤 賢人地質研究所ニュース264222011
小樽運河環境改善に関する研究大澤 賢人地質研究所ニュース251442009
第4回ビズ・サイエンスカフェおたる大澤 賢人地質研究所ニュース234222008
北海道沿岸海域における海洋特性に関する研究大澤 賢人地質研究所ニュース231112007

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
サロマ湖の環境とホタテガイ養殖-時化による堆積物表層の有機物の上方輸送-木戸 和男・村田 泰輔・白澤 邦男・仁科 健二・大澤 賢人沿岸海洋研究49123302011
簡易潮位計の工夫木戸 和男・奥村 裕弥・大澤 賢人海の研究1952332422010
Dynamics of pelagic variables in two contrasting coastal systems in the western Hokkaido coast off Otaru port、 JapanJulius I. Agboola Mario Uchimiya Isao Kudo Kazuo Kido & Masato OsawaEstuarine、 Coastal and Shlf Science8634774842010
Time series of carbonate system variables off Otaru coast in Hokkaido、 Japan.Ai Sakamoto Yutaka W. Watanabe Masato Osawa Kazuo Kido & Shinichiro NorikiEstuarine、 Coastal and Shelf Science7933773862008
Shell-bearing plankton fluxes in the central Black Sea、 1989-1991Masato Osawa Kozo Takahashi & Bernward J. HayDeep-Sea Research Part I529167716982005

連絡先
郵便番号047-0008
住所小樽市築港3番1号
TEL0134-24-3829
FAX0134-24-3839
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.