北海道立総合研究機構研究職員データベース

福田 茂夫 ( ふくだ しげお )外部リンク
所属農業研究本部畜産試験場基盤研究部家畜衛生グループ 
役職主査
資格獣医師/博士(獣医学)
研究分野獣医内科学/獣医病理学/獣医衛生学
キーワード牛/家畜感染症/牛海綿状脳症(BSE)/プリオン/人獣共通感染症
所属学会日本医獣学会/日本獣医師会/日本家畜感染症学会/大動物臨床研究会/アジア太平洋プリオン研究会
自己PR牛の感染症を中心に家畜の病気の発生メカニズムや予防技術について研究しています。BSE研究では、国のプロジェクト研究に参加して研究を行っています。その他、人獣共通感染症、農場防疫のための研究にも取り組んでいます。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募型(科研費)生体内タンパク質分解能と非定型BSE発生の関連性20142016
公募型(厚労科研)非定型BSE(牛海綿状脳症)に対する安全対策に関する研究20142016
公募型(厚労科研)非定型BSE感染牛の臨床症状の客観的評価法の確立と非定型BSE感染牛の病態解析20112013
公募型(委託プロ)BSE実験感染牛を用いた発症前診断技術の検証20082012
公募型(農研機構広報・連携促進費)牛の脳幹機能検査技術の普及可能性を検証するための現地実証試験20112011

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
BSE対策の現状に関する説明会非定型BSEの試験研究について福田茂夫北海道札幌2014
Asian Pacific Prion Symposium 2014Change of the resting score measured by pedometer as the index of clinical symptom of L-type BSE affected cattle.Fukuda S, Fujii T, Kageyama S, Hirayama H, Naito A, Okada H, Yokoyama TAPPS2014韓国2014
Asian Pacific Prion Symposium 2013Detection specificity of salivary BSE PrPSc by PMCAFukuda S, Fujii T, Kageyama S, Okada H, Yokoyama T, Murayama YAPPS2013佐世保2013
日本獣医師会学会学術集会市民公開シンポジウム北海道でのBSE研究の取り組み福田茂夫日本獣医師会札幌2012
日本家畜感染症学会学術集会脳内接種BSEプリオン感染牛の聴覚神経路病変福田茂夫 、岡田洋之 、新井鐘蔵、陰山聡一、横山隆 、毛利資郎日本感染症学会札幌2011

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
The presence of disease-associated prion protein in skeletal muscle of cattle infected with classical bovine spongiform encephalopathy.Okada H, Miyazawa K, Fukuda S, Iwamaru Y, Imamura M, Masujin K, Matsuura Y, Fujii T, Fujii K, Kageyama S, Yoshioka M, Murayama Y, Yokoyama T.Journal of Veterinary Medical Science7611031072014
Changes in leukocyte populations of cows with milk fever or displaced abomasum after calving.Ohtsuka H, Fukuda S, Kudo K, Tomioka M, Koiwa M, Kimura K.Canadian Journal of Veterinary Research 773226302013
Prion in saliva of bovine spongiform encephalopathy-infected cattle.Okada H, Murayama Y, Shimozaki N, Yoshioka M, Masujin K, Imamura M, Iwamaru Y, Matsuura Y, Miyazawa K, Fukuda S, Yokoyama T, Mohri S.Emerging Infectious Diseases1812209120922012
Neuroanatomical distribution of disease-associated prion protein in experimental bovine spongiform encephalopathy in cattle after intracerebral inoculation.Fukuda S. Onoe S. Nikaido S. Fujii K. Kageyama S. Iwamaru Y. Imamura M. Masujin K. Matsuura Y. Shimizu Y. Kasai K. Yoshioka M. Murayama Y. Mohri S. Yokoyama T. & Okada H.Japanese Journal of Infectious Disease65137442012
Differences in apoptotic status in the bovine placentome between spontaneous and induced parturition.Hirayama H, Ushizawa K, Takahashi T, Sawai K, Moriyasu S, Kageyama S, Miura R, Matsui M, Fukuda S, Naito A, Fujii T, Minamihashi A.Journal of Reproduction and Development5855855912012

全て表示
著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
DAIRY MAN増刊号 テレビドクター4 乳牛の病気と対処100共著デーリィマン社2017年
牛への脳内接種法の確立とBSEプリオン実験感染牛を用いた研究主著臨床獣医25チクサン出版社2007
BSE感染牛はこうした行動をとる~BSE実験感染牛の臨床症状主著Dairy Japan522007
DAIRY MAN増刊号 テレビドクター3 乳牛の病気と対処100共著デーリィマン社2006

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
第53回優秀畜産技術者表彰特別賞脳内接種によるBSEプリオン感染牛の臨床症状と プリオン分布に関する研究2019
APPS2014 優秀ポスター賞Change of the resting score measured by pedometer as the index of clinical symptom of L-type BSE affected cattle.2014
APPS2013 優秀ポスター賞Detection specificity of salivary BSE PrPSc by PMCA2013
日本産業動物獣医学会(北海道)地区学会長賞脳内接種法による牛海綿状脳症(BSE)感染牛の作出2007
2006年10大農林水産研究成果ウシへの牛海綿状脳症(BSE)実験感染と臨床症状2006

全て表示
連絡先
郵便番号081-0038
住所上川郡新得町字新得西5線39番地1
TEL
FAX0156-64-6151
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.