北海道立総合研究機構研究職員データベース

米山 彰造 ( よねやま しようぞう )
所属森林研究本部林産試験場利用部微生物グループ 
役職研究主幹
資格林業専門技術員/林業改良指導員
研究分野食用菌生産技術/食用菌の遺伝・育種/生理活性成分の利用
キーワード食用きのこ/遺伝解析/加工食品/呈味成分/生理活性
所属学会日本きのこ学会/日本木材学会
自己PR各種食用きのこの育種や栽培技術の開発を行っており、生産者への技術支援等を行っています。また、食品加工研究センターや大学と連携し、きのこの機能性等を活かしたきのこを素材とした加工品等の開発にも取り組んでいます。きのこの付加価値を高めるため、生産者や加工業者等との共同研究を行うシーズを蓄積していますのでご要望をお待ちしております。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
27年度農林水産業・食品科学技術研究推進事業突然変異を活用した生産環境と消費者ニーズに優位な食用きのこ新品種の開発H27H30
23年度新たな農林水産施策を推進する実用技術開発事業突然変異育種法を利用した栽培きのこの有用形質創出とそのDNAマーカーの開発H23H25
寄附金研究嗜好品に適した道産キノコの選抜と加工技術の開発H22H24
奨励研究道産ニュータイプキノコの生産と消費の定着化支援H26H26
経常研究ニュータイプキノコの育成と素材利用に向けた研究H23H25

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本きのこ学会タモギタケ胞子欠損性株の呈味および抗酸化成分の評価米山彰造・佐藤真由美・宜寿次盛生・松本晃幸日本きのこ学会京都市2014
日本きのこ学会胞子欠損性を誘発したタモギタケの遺伝性と品種化の検討米山彰造・宜寿次盛生・原田陽・佐藤真由美・村口元・奥田康仁・松本晃幸日本きのこ学会広島市2013
The 18th congress of the international society of mushroom scienceChanges of taste components and antioxidant activities of the fruit bodies of brown type Flammulina velutipesShozo Yoneyama, Seiki Gisusi, Mayumi Sato and Osam WatanabeThe international society for mushroom scienceBeijing2012
日本きのこ学会北海道産タモギタケからの胞子欠損性株の探索米山彰造・宜寿次盛生・原田陽・佐藤真由美・奥田康仁・松本晃幸日本きのこ学会東京都2012
日本きのこ学会北海道産野生型エノキタケの培地組成が子実体の呈味成分および抗酸化活性に及ぼす影響米山彰造・宜寿次盛生・佐藤真由美・渡邉 治日本きのこ学会長野県南箕輪村2011

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
ニュータイプきのこの調理講習会米山彰造林産試だより201519102015
アンチエイジング機能を有するきのこの栽培技術について米山彰造林産試だより20121232012
Q&A先月の技術相談から「マンネンタケの栽培と機能性について」米山彰造林産試だより20111772011

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
紫外線照射によるタモギタケの胞子欠損性変異の誘発米山彰造,宜寿次盛生,佐藤真由美,原田陽,村口元,奥田康仁,松本晃幸日本きのこ学会誌20152320252015
Changes of taste components and antioxidant activities of the fruit bodies of brown type Flammulina velutipesShozo Yoneyama, Seiki Gisusi, Mayumi Sato and Osam WatanabeProceeding of the 18th congress of the international society of mushroom science20128158212012
Profiling of Hepatic Gene Expression of Mice Fed with Edible Japanese Mushrooms by DNA Microarray Analysis: Comparison between Pleurotus ostreatus, Grifola frondosa, and Hypsizigus marmoreus.Sato M. Tokuji Y. Yoneyama S. Akiyama K. Kinoshita M. & Ohnishi M.Journal of Agricultural and Food Chemistry591910723107312011
大学・公設試連携 地域イノベーションを始動する「糖脂質を主とするきのこの機能性成分の効率的生産技術と素材加工技術の開発」米山彰造北大-道立試連携融合事業201013132010
道産マイタケ新品種の栽培技術の開発米山彰造公立試験研究機関研究成果選シリーズ(森林総合研究所)677782009

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
北海道きのこ生産・消費振興会への「新戦略研究キノコプロジェクト」に関する講演2014
有限会社ソニア工営(札幌市)への「ムキタケ栽培技術」に関する技術指導(1回)2011
「北海道フードマイスター検定」(札幌商工会議所)実施に伴う運営委員(講師)に就任2011
有限会社福田農園(函館市)への「ムキタケ栽培技術」に関する技術指導(2回)2010
大朗物産有限会社(札幌市)からの依頼試験「松節油のトリコデルマ抑制試験」実施2009

全て表示
著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
十勝の自然と友達になる!ために共著帯広信用金庫2014

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
育成者権まいたけ「大雪華の舞1号」第17041号
育成者権ぶなしめじ「マーブレ88-8」第10959号
育成者権ぶなしめじ「マーブレ219」第20595号
育成者権たもぎたけ「エルムマッシュ291」第15387号

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
第57回森林技術賞カラマツおが粉を利用可能とした道産きのこ新品種の開発と普及2012
日本木材学会技術賞食用きのこ(タモギタケ、ブナシメジ)の道産品種とその実用化技術の開発2004

連絡先
郵便番号071-0198
住所旭川市西神楽1線10号
TEL0166-75-4233
FAX0166-75-3621
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.