北海道立総合研究機構研究職員データベース

宮内 輝久 ( みやうち てるひさ )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ 
役職主査
資格博士(農学)
研究分野林産学/木材保存学/分析化学
キーワード木材保存剤/保存処理/固相抽出/液体クロマトグラフィー/近赤外分光分析
所属学会日本木材学会/日本木材保存協会
自己PR私の専門は「木材保存」です。なかでも、保存処理(防腐防蟻処理)木材の品質管理や認証に必要不可欠な薬剤成分の定量分析法の開発、性能低下の要因となる薬剤成分の溶出について研究を行ってきました。今後はこれらの研究をさらに進めるとともに、道産材に適した高耐久化処理方法の開発など、道産材の高付加価値を目指した研究を進めていく予定です。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
受託研究屋外における単板積層材の耐候性能および耐朽性能に関する検討H23H25
農林水産省 実用技術開発事業北海道産人工林材を活用した低コストで高性能な単板集成材の開発と実用化H22H24
科研費固相抽出法を駆使した木材保存剤の高精度かつ効率的な定量分析方法の確立H22H24

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第62回日本木材学会大会木材保存剤に用いられているトリアゾール化合物のLC-UV分析宮内輝久・森 満範日本木材学会札幌2012
(社)日本木材保存協会・第28回年次大会溶液中の成分が塩化ベンザルコニウムの溶脱に及ぼす影響の同族体間での比較宮内輝久・森 満範日本木材保存協会東京2012
第61回日本木材学会大会木材保存剤のLC-UV分析における妨害成分の固相抽出による除去宮内輝久・森 満範日本木材学会京都2011
日本木材学会北海道支部・平成23年度研究発表会異なる強陽イオン交換体を用いた固相抽出におけるシプロコナゾールおよびテブコナゾールの挙動宮内輝久・森 満範日本木材学会北海道支部旭川2011
日本木材学会北海道支部・平成23年度研究発表会北海道産人工林材を活用した単板集成材の開発(3)-接着剤混入処理法を用いて製造したLVLラミナの防腐性能-宮内輝久・古田直之・宮﨑淳子・大村和香子・大橋義徳日本木材学会北海道支部旭川2011

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
表面処理用木材保存剤による木材のメンテナンス宮内輝久林産試験場だより、http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/rsdayo/11002010102.pdf2010
溶脱試験に用いる溶液中の成分が塩化ベンザルコニウムの溶脱に及ぼす影響宮内輝久・森 満範林産試験場報538172009
銅・第四級アンモニウム化合物系木材保存剤で処理した木材からの塩化ベンザルコニウムの溶脱挙動宮内輝久・森 満範・今村祐嗣林産試験場報538162009
固相抽出-HPLC-UV法によるタナリスCY処理木材中のシプロコナゾールの定量分析宮内輝久・桃原郁夫・森 満範林産試験場報538152009
加圧注入用木材保存剤の移り変わり宮内輝久・森 満範林産試験場だより、http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/rsdayo/10904010103.pdf2009

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Leaching behaviour of benzalkonium chloride homologues in soil and water solutionsMiyauchi T. & Mori M.Wood Science and Technology478258362013
固相抽出法について -その概要と木材保存分野への応用-宮内輝久木材保存36392992010
Effects of alkyl chain length and the mixing of homologues with different alkyl chains on the leaching characteristics of benzalkonium chlorideMiyauchi T. & Mori M.Wood Science and Technology432222352009
Effect of components of leaching medium on the leaching of benzalkonium chloride from treated woodMiyauchi T. & Mori M.Journal of Wood Science544904942008
Leaching Characteristics of homologues of benzalkonium chloride from wood treated with ammoniacal copper quaternary wood preservativesMiyauchi T. & Mori M.Journal of Wood Science542252322008

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
「防腐・防蟻処理試験方法検討部会(公益財団法人 日本住宅・木材技術センター)」委員2013.7.17-2014.3.31
「保存処理大断面集成材研究会(公益社団法人 日本木材保存協会)」委員2013.6.27-2014.3.31
「接着剤混入方式による防腐・防蟻合板のJAS取得勉強会(日本合板工業組合連合会)」委員2012.5-2013.4
「深浸潤処理用木材防腐・防蟻材ペンタキュアーOPの実用化に関する研究会(公益社団法人 日本木材保存協会)」委員2012.11-2013.8
「平成20年度JAS規格等検査・分析手法妥当性確認委託事業における林産物分析手法検討委員会(独立行政法人 農林水産消費安全技術センター)」委員2008-2009

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
第14回日本木材学会技術賞効率的かつ高精度な木材保存剤の定量分析技術の開発2013
第6回木材保存学術奨励賞木材保存剤分析技術の効率化・精度向上に関する研究2009

連絡先
郵便番号071-0198
住所旭川市西神楽1線10号
TEL0166-75-4233
FAX0166-75-3621
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.