北海道立総合研究機構研究職員データベース

八木 哲生 ( やぎ てつお )
所属農業研究本部酪農試験場草地研究部飼料環境グループ 
役職研究主任
資格
研究分野土壌・肥料/環境保全/ふん尿利用
キーワード土壌/肥料/環境/ふん尿
所属学会日本土壌肥料学会/日本草地学会/北海道草地研究会
自己PR
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
道受託永年草地における低コスト排水対策基礎調査20172020
公募型トウモロコシ栽培条件が倒伏に及ぼす影響評価と倒伏対策技術の開発20172019
経常研究飼料用とうもろこしに対する窒素分施効果の変動要因の解明20162018

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本土壌肥料学会北海道根釧地域における飼料用トウモロコシに対する分施窒素の肥効発現条件八木哲生・松本武彦・酒井 治日本土壌肥料学会静岡市2019
日本土壌肥料学会北海道支部秋季大会飼料用トウモロコシ畑における窒素肥沃度評価法-熱水抽出性窒素適用の妥当性-八木哲生・松本武彦・酒井治日本土壌肥料学会北海道支部札幌市2018
日本土壌肥料学会北海道根釧地域における飼料用トウモロコシの収量変動要因八木哲生・松本武彦・酒井 治日本土壌肥料学会仙台市2017
日本土壌肥料学会北海道支部秋季大会飼料用トウモロコシ畑における窒素肥沃度評価法-熱水抽出性窒素適用の妥当性-八木哲生・松本武彦・酒井 治日本土壌肥料学会北海道支部札幌市2017
International Conference on MycorrhizaMycorrhizal colonization and phosphorus absorption in maize fields prepared from grasslands using different tillage systemsTetuo Yagi, Takehiko Matsumoto and Osamu SakaiInternational Mycorrhiza Societyプラハ市2017

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道における収量水準および窒素肥沃度に対応した飼料用トウモロコシの窒素施肥基準八木哲生・唐星児・大塚省吾・松本武彦・酒井治・中辻敏朗・小野寺政行・三枝俊哉日本土壌肥料岳雑誌90122312019
北海道における飼料用トウモロコシの適正な作条基肥窒素量八木哲生・唐星児・大塚省吾・松本武彦・酒井治・中辻敏朗・小野寺政行・三枝俊哉日本土壌肥料岳雑誌8953843892018
根釧地域の飼料用トウモロコシに対するアーバスキュラー菌根菌の効果を考慮したリン酸施肥基準八木哲生・松本武彦・大友量・小林創平・三枝俊哉・岡紀邦日本土壌肥料学雑誌88112192017
根釧地域における飼料用トウモロコシのアーバスキュラー菌根菌感染率とリン酸施肥反応に及ぼす前作物の影響八木哲生・松本武彦・大友量・小林創平・三枝俊哉・岡紀邦日本土壌肥料学雑誌8565015082014
飼料用トウモロコシ(Zeα mαys L.)栽培における菌根菌活用によるリン酸減肥の可能性八木哲生日本草地学会誌5942862902014

全て表示
著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
最新農業技術土壌施肥共著8農文協2016
土づくりとエコ農業共著47日本土壌協会2015
北海道農業と土壌肥料2010共著北農会2010

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
日本土壌肥料学雑誌論文賞根釧地域の飼料用トウモロコシに対するアーバスキュラー菌根菌の効果を考慮したリン酸施肥基準2017
日本土壌肥料学雑誌論文賞根釧地域における飼料用トウモロコシのアーバスキュラー菌根菌感染率とリン酸施肥反応に及ぼす前作物の影響2015

連絡先
郵便番号086-1135
住所標津郡中標津町旭ヶ丘7番地
TEL0153-72-2004
FAX0153-73-5329
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.