北海道立総合研究機構研究職員データベース

森 満範 ( もり みつのり )
所属森林研究本部林産試験場利用部 
役職部長
資格博士(農学)
研究分野林産学/木材保存
キーワード木材保存処理/木材腐朽菌/耐久性/腐朽試験/海虫
所属学会一般社団法人 日本木材学会/社団法人 日本建築学会/日本防菌防黴学会/糸状菌分子生物学研究会/社団法人 日本木材保存協会/公益社団法人 日本木材加工技術協会
自己PR木質資源の高付加価値化・機能性付与、山から最終製品までを俯瞰した流通システム・材質評価、食用きのこの育種・栽培技術など、貴重な森林資源を総合的に利用するための研究業務を統括しています。専門分野は木材保存・木材腐朽で、木材保存処理技術、木材・木製構造物の耐久性向上・評価技術、実大構造体モデルの腐朽試験方法の開発等、木材の生物劣化を防止するための研究・技術開発を道内外の企業・学協会・大学・研究機関とも連携して進めています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募型研究(科研基盤(B))既存木質構造物の残存性能評価法と耐力再生法の提案20142016
公募型研究(科研基盤(A))FMCWレーダによる非破壊診断装置の腐朽検知に関する性能評価20132015
公募型研究(経済産業省)天然接着剤および国産材を主原料とする環境配慮型MDFの開発20112013
一般共同研究強制腐朽処理による接着剤混入保存処理合板(接混合板)の耐久性評価20112011
公募型研究(農林水産省)フロンティア環境における間伐材利用技術の開発20092011

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第62回日本木材学会大会海洋環境下における保存処理木材の耐久性(その2)-横須賀市における暴露48か月間の結果-森 満範・宮内輝久・東 智則・山田昌郎日本木材学会札幌市2012
第61回日本木材学会大会海洋環境下における保存処理木材の耐久性-横須賀市における暴露24か月間の結果-森 満範・宮内輝久・東 智則・山田昌郎日本木材学会京都府2011
日本木材学会北海道支部・平成23年度研究発表会住宅部材として用いられる高温乾燥材およびMDFの耐朽性・耐蟻性森 満範・伊藤洋一・大崎久司・戸田正彦・東 智則・吉村 剛・中山友栄日本木材学会北海道支部旭川市2011
第194回生存圏シンポジウム日本におけるフナクイムシ研究森 満範・山田昌郎京都大学生存圏研究所京都府2011
「土木工事における木材利用推進セミナー」in網走木材の耐久性向上技術について森 満範北海道緑の産業再生協議会網走市2010

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
フロンティア環境における間伐材利用技術の開発森 満範林産試験場年報(平成22年度)(林産試験場ホームページ http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/rsjoho/41122273232.pdf)322011
高温乾燥処理した道産材および各種面材料の耐久性評価森 満範林産試験場年報(平成22年度)(林産試験場ホームページ http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/rsjoho/41122283333.pdf)332011
住宅地盤補強用木杭の検討森 満範林産試験場年報(平成22年度)(林産試験場ホームページ http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/rsjoho/41122303535.pdf)352011
特集「木材の劣化診断」 遺伝子を用いた木材腐朽菌の検出森 満範林産試だより(林産試験場ホームページ http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/rsdayo/11001030406.pdf)2010年1月号462010
北海道内で土木資材として使用されているカラマツの耐朽性森 満範・宮内輝久・杉山智昭・前田典昭・藤原拓哉・今井 良林産試験場報(林産試験場ホームページ http://www.fpri.asahikawa.hokkaido.jp/rsjoho/20620131724.pdf)20 (通巻530)117242006

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Fractography of shear failure surface of softwood decayed by brown-rot fungus.Ryuya Takanashi • Wataru Ishihara • Kei Sawata • Yuzou Sano •Tomonori Azuma • Mitsunori Mori • Akio Koizumi • Yoshihisa Sasaki •Takuro HiraiJournal of Wood Science6031861932014
構造用木質面材料の腐朽が釘接合せん断性能に及ぼす影響戸田正彦・森 満範・高橋英明・狩俣隆史・平井卓郎木材学会誌5931521612013
Leaching behaviour of benzalkonium chloride homologues in soil and water solutions.Teruhisa Miyauchi • Mitsunori MoriWood Science and Technology4748258362013
木材腐朽が釘接合部のせん断性能に及ぼす影響戸田正彦・森 満範・大橋義德・平井卓郎木材学会誌56141472010
木造住宅における腐朽診断の現状と腐朽菌検出技術の動向森 満範木材工業6341581632008

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
福井県木材利用研究会への講師派遣および技術開発派遣指導2011
京都大学生存圏シンポジウムへの講師派遣指導2011
木材利用シンポジウムin福井への講師派遣指導2010
木材保存協会耐久性調査委員会への技術開発派遣指導2010
土木工事における木材利用推進セミナーin網走への講師派遣指導2010

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
木製外構材のメンテナンスマニュアル 増補改訂版共著(社)日本木材保存協会2008
実務者のための住宅の腐朽・虫害の診断マニュアル-現場診断・精密診断から補修・予防まで-改訂版共著(社)日本木材保存協会2007
High-Performance Utilization of Wood for Outdoor Uses共著Yuji Imamura2001

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
日本木材学会論文賞木材腐朽が釘接合部のせん断性能に及ぼす影響2011
(社)日本木材保存協会 第25回年次大会ベストポスター賞旭川暴露試験地における野外耐朽性試験(Ⅲ)-水辺を想定した人工池における野外耐朽性試験-2009
(社)日本木材保存協会 第24回年次大会ベストポスター賞腐朽した住宅用部材および接合部の非破壊評価2008
第53回(平成19年)森林技術賞努力賞(日本森林技術協会)北海道の野外環境下における木材・木製土木構造物の耐朽性の解明及び耐朽性予測手法の確立と普及2007
2005年度(平成17年度) 第7回日本木材学会技術賞受賞腐朽による強度低下を考慮した木製土木構造物の耐久設計手法の開発2006

連絡先
郵便番号071-0198
住所旭川市西神楽1線10号
TEL0166-75-4233
FAX0166-75-3621
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.