北海道立総合研究機構研究職員データベース

間野 勉 ( まの つとむ )
所属環境・地質研究本部環境科学研究センター自然環境部 
役職部長
資格博士(農学)
研究分野野生動物生態学/野生動物管理学/生物多様性保全論/個体群動態論
キーワードヒグマ/哺乳類/被害防除/個体群/生息地
所属学会日本哺乳類学会/International Association for Bear Resarch and Management/日本生態学会/個体群生態学会/野生生物と社会学会
自己PR 野生動物と人間の適切な関係の構築を求めて、調査研究活動を行っています。生物学の領域だけでなく、社会・経済領域にも踏み込んだ状況の把握と解決策の提案を心がけています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究野生動物分布等実態調査H3H
重点研究環境利用情報を活用した遺伝子マーカーによる個体識別を用いたヒグマ生息密度推定法の開発H23H25
経常研究ヒグマ対策推進費H10H

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
Vth International Wildlife Management Congress 2015The Achievement from the Last 30 Years of Brown Bear Population Monitoring in Hokkaido and Its Consequent ChallengeTsutomu ManoThe Mammal Siciety of Japan and The Wildlife Society札幌市2015外部リンク
2009 International Symposium on Conservation of the Asiatic Black BearHokkaido’s challenge for the brown bear populationmonitoringTsutomu ManoSymposium Committee for the 2009 International Symposium on Conservation of the Asiatic Black Bear台北市2009外部リンク
International Workshop on on Causes and prevention of brown bear related conflict in the human habitat in HokkaidoTsutomu Mano森林総合研究所京都市2008外部リンク
17th International Conference on Bear Research and ManagementStatus and challenge of Hokkaido’s brown bear managementTsutomu ManoInternational Association for Bear Research and Management長野県軽井沢市2006外部リンク
9th International Mammalogical CongressIntegration of traditional knowledge into wildlife conservation programs in JapanTsutomu ManoThe Mammalogical Siciety of Japan札幌市2005

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
重点研究北海道生物多様性保全モニタリングに関する研究報告書重点研究報告書12332011
平成20-22年度重点研究報告書 ヒグマとのあつれき回避のための研究-ヒグマ出没ハザードマップ作成に関する研究-間野勉・釣賀一二三・石田千晶・近藤麻実・今博計・長坂晶子・菅野正人・寺田文子・阿部友幸・南野一博重点研究報告書11032011
豊平川流域森林地域における2008年ヒグマ生息状況調査.間野勉・有本勲環境科学研究センター所報3569742009外部リンク

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Bear gallbladder trade issues and a framework for bear management in Japan.Tsutomu Mano and Nobuo IshiiUrsus1921221292008外部リンク
Reproductive characteristics of brown bears on the Oshima Peninsula, Hokkaido, Japan. Tsutomu Mano and Toshio TsubotaJournal of Mammalogy834102610342002
Harvest history of brown bears in the Oshima Peninsula, Hokkaido, Japan.Tsutomu ManoUrsus101731801998外部リンク
Sex and age characteristics of harvested brown bears in the Oshima Peninsula, Japan. Tsutomu ManoJournal of Wildlife Management5921992041995
Home range and habitat use of brown bears on the south-western Oshima Peninsula, Hokkaido.Tsutomu ManoInternational Conference on Bear Resarch and Management93193251994外部リンク

技術支援
支援内容対応年外部リンク
野生動物の個体群管理に関する技術支援
野生動物による被害の防除に関する技術支援
野外施設・園地における安全管理に関する技術支援

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
オホーツクの生態系とその保全分担執筆北海道大学出版会2013
野生動物管理-理論と技術-分担執筆文永堂出版2012
日本のクマ分担執筆東京大学出版会2011
日本の補乳類学2:中大型哺乳類・霊長類分担執筆東京大学出版会2008
Understanding Asian bears to secure their future共編著日本クマネットワーク2007

全て表示 連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西12丁目
TEL011-747-3521
FAX011-747-3254
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.